スポンサーリンク

Bリーグ 2019-20シーズン 観客動員数ランキング (第19節終了時点)

今回の記事は、Bリーグ 2019-20シーズンの第19節終了時点の観客動員数ランキングです!

チーム別観客動員数ランキングをまとめるのは、2017-18シーズン 第32節終了時点 以来振りとなります。

そのときの記事はこちら↓
2017-18シーズンのレギュラーシーズンが終了した時の結果となっています。

Bリーグ 2017-18シーズン リーグ戦での観客動員数ランキングと前年との比較 https://www.amefootojisan.com/kankyaku-blg-1718-league

それでは早速、第19節終了時点の観客動員ランキングを見ていきたいと思います。

◇チーム別 観客動員数ランキング

Rank Team 総観客動員数 平均観客動員数 試合数
1 川崎ブレイブサンダース 74954 4997 15
2 千葉ジェッツ 74118 4941 15
3 レバンガ北海道 63705 3747 17
4 琉球ゴールデンキングス 62785 3304 19
5 宇都宮ブレックス 62453 4164 15
6 大阪エヴェッサ 58675 3451 17
7 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ 55862 3286 17
8 秋田ノーザンハピネッツ 53562 3571 15
9 アルバルク東京 51465 2709 19
10 サンロッカーズ渋谷 48396 2847 17
11 横浜ビー・コルセアーズ 45197 3013 15
12 富山グラウジーズ 42883 2859 15
13 滋賀レイクスターズ 41144 2420 17
14 新潟アルビレックスBB 40892 2726 15
15 シーホース三河 40058 2671 15
16 島根スサノオマジック 37885 2229 17
17 三遠ネオフェニックス 35134 2703 13
18 京都ハンナリーズ 27967 1864 15

ランキング1位の座に輝いているのは川崎ブレイブサンダース!

川崎は開幕から好調

開幕戦となった試合が9000人を超える観客数を記録しており、十分なアドバンテージがありますが、それを活かしてしっかりとトップをキープしています。

例年の勢いが戻りつつある千葉

例年ならダントツのトップであった千葉ジェッツは、今シーズン前半の観客動員数に苦戦し現時点で2位となっています。ただ、直近5試合は連続して5000人を超える観客を記録しており、例年の勢いを取り戻しつつあります。

千葉ジェッツ広報さんのTwitter情報によると、1月29日開催の試合もすでにチケットは完売とのこと。当日券もなくなる様子から観客動員数を伸ばすのは確実とみられます。

対する川崎は5試合前は5000人オーバーを記録しましたが、直近4試合では4000人台と少し落ち込んでおり、このまま推移していくと、千葉ジェッツが今シーズンもトップになる可能性が非常に高くなってきます。

北の大地のダークホース

トップ2チームに食い込もうとしているのがレバンガ北海道です!直近の第19節では2日連続で5000人超えを記録しています。2000人台から5000人台と浮き沈みは激しいものの、上位2チームに追いつけ追い越せの勢いを感じます。

今シーズンも観客動員数ランキングから目が離せなくなってきました!

◇トップ3チームの観客数推移

話題にあげたランキングトップ3の観客数の推移を合わせてアップしておきます!

▼Bリーグ関連のオススメグッズ

SLAM DUNKの井上雄彦 先生とBリーグのコラボグッズはこちら↓

B.FES2019限定 オリジナルプリントT

B.LEAGE × 井上雄彦 先生 Tシャツ バスケット Bリーグ 公式グッズ 限定 応援グッズ
価格:3499円(税込、送料無料) (2019/11/6時点) 楽天で購入

B′(ビー・ダッシュ)B.LEAGUE×井上雄彦 第3弾

B’ B.LEAGUE×井上雄彦 2019?20【1000円以上送料無料】
価格:1200円(税込、送料無料) (2019/11/6時点) 楽天で購入

モルテンのバスケットボール Bリーグのサイン入り ↓

チーム別グッズ↓

UNDERARMOUR (アンダーアーマー) × 大阪エヴェッサ 公式リュックサック

千葉ジェッツ キャップ

レバンガ北海道 キャップ

レバンガ北海道 半袖シャツ