Bリーグ 2022-23シーズン 観客動員数ランキング (※7節終了時点に更新)

2022-23シーズン

Bリーグ 2022-23シーズンの観客動員数ランキングです。

知っての通り、2022-23シーズンは開幕したばかりなので、最終結果ではありませんが、リーグ戦が行われるたびにこちらの記事も更新していく予定です!

観客動員数ランキング

Bリーグ 2022-23シーズンの累計観客動員数のランキングです。

Bリーグ 2022-23シーズン 観客動員数ランキング

第1節からの順位を推移表にしています。

Bリーグ 2022-23シーズン 観客動員数ランキングの推移

まとめ:今シーズンの観客動員数

第7節終了時

前節に引き続き、琉球ゴールデンキングス主催の2試合が6000人を超える観客動員数を記録しました。

ランキング2位のアルバルク東京も2試合の主催試合で5000人を超える観客動員数を記録しましたが、

琉球とじわじわと差が開いてきています。

琉球ゴールデンキングは今節の結果、シーズンの観客動員数が5万人を超えました!

1試合平均も6,539人となっており、人気の高さがうかがえます。

一方のアルバルク東京は試合を重ねるごとに観客数が少しずつ減っているのが気になるところです。

第6節終了時

琉球ゴールデンキングス主催の2試合が両日とも6000人を超える観客動員数を記録しました!

アルバルク東京が遠征に行く週だったこともあり、ランキングの1位が入れ替わりました。

今シーズンはアルバルク東京が独走するかと思われた矢先のトップ交代でますます目が離せなくなりそうです!

トップ3チームが集団で頭一つ飛びぬけた感じになってきました。

第5節終了時

アルバルク東京が平日開催にもかかわらず、6000人超えの観客動員数を記録し、ランキングも頭一つ飛びぬけた状態になりました。

昨年までメインで使っていた立川立飛から代々木第一体育館をメイン会場に変更しており、その効果が全面にでているようです。

第3節 10/16 開催の 横浜ビー・コルセアーズ vs 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ の1戦の観客数が取得できたので更新しました。

横浜ビー・コルセアーズ が少し上位に修正されています。

第4節終了時

第4節まで終了したことで、全チーム1度はホームゲームが開催されました。
それに伴い、ホームゲーム開催がなかったチームの補正も外しました。

24本の折れ線が、シーズン終了時にどのような軌跡を描くのが楽しみながら毎節追いかけていきたいと思います。

第3節終了時

第2節に引き続き、アルバルク東京の主催試合が両日6千人を超える観客動員数で、第3節、主催試合4試合にして頭ひとつ抜け始めました。

そして開幕節から安定して多くの観客動員数をほこっている琉球ゴールデンキングスが後に続いています。

今シーズン多くの観客動員数が期待できるチームと、そうでないチームとがすでに明暗ついてきているのが見て取れます。

第2節終了時

代々木第一体育館で2日連続で1試合最多観客動員数の記録を更新した アルバルク東京が首位ですね。

まだ、ホームゲームを開催していないチームも多数あるので、シーズンが終わるころにはまったく違う順位になっている可能性もありますね。

他シーズンの観客動員数ランキング

2021-22シーズンの観客動員数ランキング

2020-21シーズンの観客動員数ランキング

2019-20シーズンの観客動員数ランキング

2018-19シーズンの観客動員数ランキング

合わせて読みたい

2022-23シーズン 第3節の観客数

Bリーグ見るならスカパー!!

\「スカパー!」に加入してBリーグを楽しむなら ここをクリック/
スカパー!への加入はここから

スカパーでBリーグ見るのにとても好評だった「スカパー!Bリーグセット」は、残念ながら2022年9月30日で終了してしまいましたが、J SPORTSにて引き続きBリーグを楽しむことができます!

2022年10月9日現在、「スカパー!セレクト5」を申し込むと、45chの中から5ch選んで、月 \1,980でBリーグ中継を楽しむことができます。

会場に行っての観戦が難しい方には、スカパー!を使って自宅にいながらBリーグを楽しむのはいかがでしょうか!

Bリーグ関連のオススメグッズ

☆Bリーグ2022-23のガイドブック

☆Bリーグ2022-23のガイドブック

☆SLAM DUNKの井上雄彦 先生とBリーグのコラボグッズ

☆Bリーグを本で読む

コメント

タイトルとURLをコピーしました