スポンサーリンク

歴代Japan X Bowlの観客動員数 2019シーズン終了版

Japan X Bowlの観客動員数の推移です。

2019シーズンの記録を追加し更新しています。

Japan X Bowl 観客動員数推移

Japan X Bowl 観客数推移
日付 観客数 Home 得点 Away ハーフタイムショー
2019.12.16 33 20,282 富士通フロンティアーズ 28-26 パナソニックインパルス MIYAVI
2018.12.17 32 25,457 富士通フロンティアーズ 35-18 IBM BigBlue DA PUMP
2017.12.18 31 22,953 富士通フロンティアーズ 63-23 IBM BigBlue NOKKO
2016.12.12 30 25,455 富士通フロンティアーズ 16-3 オービックシーガルズ Little Glee Monster
2015.12.14 29 25,408 富士通フロンティアーズ 21-24 パナソニックインパルス May J.
2014.12.15 28 25,085 富士通フロンティアーズ 44-10 IBM BigBlue MAX
2013.12.16 27 22,488 オービックシーガルズ 24-16 富士通フロンティアーズ 中川翔子
2012.12.17 26 23,126 オービックシーガルズ 27-24 鹿島ディアーズ 中川翔子
2011.12.19 25 19,864 オービックシーガルズ 24-17 富士通フロンティアーズ 谷村奈南
2010.12.20 24 18,353 オービックシーガルズ 20-16 パナソニックインパルス 谷村奈南
2009.12.21 23 22,059 鹿島ディアーズ 21-14 富士通フロンティアーズ 中川翔子
2008.12.13 22 13,834 鹿島ディアーズ 21-14 パナソニックインパルス
2007.12.17 21 17,629 富士通フロンティアーズ 13-33 松下電工インパルス
2006.12.16 20 12,327 オンワードスカイラークス 24-21 鹿島ディアーズ
2005.12.19 19 13,564 オービックシーガルズ 25-16 松下電工インパルス
2004.12.18 18 15,500 松下電工インパルス 15-6 アサヒビールシルバースター
2003.12.16 17 22,500 オンワードスカイラークス 13-10 アサヒビールシルバースター
2002.12.17 16 21,500 シーガルズ 14-7 富士通フロンティアーズ
2001.12.18 15 25,000 アサヒ飲料チャレンジャーズ 14-7 松下電工インパルス
2000.12.18 14 25,000 アサヒ飲料チャレンジャーズ 20-18 松下電工インパルス
1999.12.15 13 24,000 鹿島ディアーズ 16-18 アサヒビールシルバースター
1998.12.16 12 32,000 リクルートシーガルズ 45-24 アサヒビールシルバースター
1997.12.17 11 38,500 鹿島ディアーズ 48-12 松下電工インパルス

*2008年は京セラドーム大阪で開催
*2002年までは「東京スーパーボウル」の名称で開催

なんとか2万人の観客数を守ったという大会となりました。

JXBの組み合わせ自体は、 6年連続出場の富士通フロンティアーズ と2015年以来4年ぶりの出場となったパナソニック インパルスとの対戦でした。

2015年の同じ顔合わせではパナソニック インパルスが勝利を収めましたが、

今回の対戦では、富士通フロンティアーズが勝利し4年連続の優勝となりました。

今回よりハーフタイムショーのゲスト情報を追加しています。

2008年以前は情報がみつからず記載なしです。
情報をお持ちのかたがいらっしゃいましたら教えていただければと思います。

JXBのハーフタイムショーは、ゲストのほかにXリーグチアリーダーが参加しています。100名を超えるチアリーダーによるラインダンスは見ごたえがあります。

昨シーズン終了時点の記事はこちら

2018シーズンのJapan X Bowlの記録を追加しました。 ◇Japan X Bowl 観客動員数推移 日付 回 観客数 ...