スポンサーリンク

名QBの指標 ~Intercept率~ その3 日米QBで振り返る2016シーズン

今回は久しぶりのアメフトネタです。

日本時間 2017年2月6日 午前8時30分 ほどから開催された第51回 Super Bowlをもって、2016年のアメフトシーズンがすべて幕を閉じました。

本来であれば、このブログのテーマとしては、

Super Bowlの観客動員数を発表したかったのですが、、

イマイチ会場に来場した観客数がわからず断念です。。。。

どなた様か、知ってるよ!とか、ここに数字出てたよ!とか、ご存知でしたら教えていただけると幸いです。

気を取り直して、

1月3日にRice Bowlを持って一足早く終了した日本のアメフトと合わせて、

(誰が興味あるのかわかりませんが、)個人的に好きな指標 “被インターセプト率” で、日米のアメフト界を盛り上げたQB達の2016シーズンを勝手に振り返ってみたいと思います。

まずは、XリーグのQBの記録です。

Xリーグ 2016 シーズン終了時の被Intercept率ランキング

RANK 選手名 チーム名 被Intercept率 Att Comp INT Yard TD
1 コービー キャメロン 富士通フロンティアーズ 2.03% 197 121 4 1392 10
2 Mason Mills アサヒビールシルバースター 2.13% 188 130 4 1622 14
3 Jerry Neuheisel オービックシーガルズ 2.45% 163 112 4 1220 10
4 高田 鉄男 パナソニックインパルス 2.47% 81 56 2 584 4
5 菅原 俊 オービックシーガルズ 3.26% 92 58 3 860 9
6 原口 大知 アサヒ飲料クラブチャレンジャーズ 3.28% 61 35 2 357 2
7 加藤 翔平 LIXIL DEERS 3.38% 237 148 8 1772 16
8 Craft Kevin IBM BigBlue 4.00% 150 103 6 1336 12
9 Devin Gardner ノジマ相模原ライズ 4.69% 192 119 9 1429 8
10 多川 哲史 IBM BigBlue 5.88% 34 19 2 202 3

やはりリーグ戦が終了し、プレーオフに入り強豪同士の本気の対戦になると、インターセプトが目立つようになってしまいました。

※リーグ戦終了時の記録はこちら

week3終了時にも各チームを代表するQBの指標として被Intercep率をまとめましたが、リーグ戦終了時点の成績も確認しておきたいと思いま...

そして、NFLのQBの記録がこちら

NFL 2016 レギュラーシーズン QB Rating Top5 QBの被Intercept率

Rank 選手名 チーム名 QBRate 被Intercept率 Att Comp INT Yds
1 Matt Ryan ATL 117.1 1.31% 534 373 7 4944
2 Tom Brady NE 112.2 0.46% 432 291 2 3554
3 Dak Prescott DAL 104.9 0.87% 459 311 4 3667
4 Aaron Rodgers GB 104.2 1.15% 610 401 7 4428
5 Drew Brees NO 101.7 2.23% 673 471 15 5208

はっきりとわかる被インターセプト率の低さ!パスアタックの回数が多く、一回あたりの被インターセプトの割合が低くなるのはわかりますが、Tom Bradyにおいては、レギュラーシーズン通してたったの2回しかインターされていません。

対戦しているCB、SFと言ったDB陣もNFL選手であり超一級プレーヤーばかり。

それに、試合数においても日本Xリーグの倍近く行っています。

試合時間に至っては、1Qあたり15分 (Xリーグは12分/1Q) と長く、プレー数も当然多くなる にもかかわらずの結果です。

今年のSuper BowlもQB Rating 1位と2位による対戦だったわけですが、納得の結果です。

この完成度の高さがリーグ全体のレベルの高さなのでしょうか。

Xリーグ 2017シーズンが終わったときに、

不必要だったり、無用心なインターセプトが減って、被インターセプト率がNFLの記録に近づくことを期待します。